自宅を職場にして働く、SOHOというビジネススタイルについて紹介します。

自宅を職場に。SOHOのススメ

Small Office Home Office、略してSOHOは、その名の通り小さな事務所や自宅を仕事場にして、情報通信ネットワークを利用しながら個人事業として起業し、仕事をするビジネススタイルです。

本来は「ITもしくは情報通信技術を活用して事業活動を行なっている、概ね従業員数が10名以下の小規模な事業者」を指しますが、実際は自治体によっても定義が曖昧で、フリーランスのライターやクリエイター、士業を含む有資格者、主婦などの在宅ワークや内職、その他、主に情報ネットワークを活用し、自宅を職場にして個人で仕事をするビジネススタイルの個人事業主を広義としてSOHOと呼んでいます。

そのため、自宅開業をしている個人事業主を全てSOHOと呼ぶわけではありません。

自宅と仕事場を兼ねていても、医院やカフェなどは別の業態として扱われます。

今、このSOHOという働き方が注目を集めています。

時間や場所に制約を受けず、自分の能力を活用し、雇われないという生き方。

IT技術の発達により、インターネットやパソコンが身近なものになるにともなって、日常的に使用されるようになったSOHOですが、海外ではワークシェアリングの一環として普及しつつあります。

SOHOの魅力とは一体何か、SOHOとして起業するために必要なこと、法的な手続き、注意すべき点は一体なんなのか。

実際にSOHOとして起業した経験からお話ししたいと思います。

自宅を職場に。SOHOのススメ

SOHOスタイルの魅力

SOHOスタイルの魅力とは具体的には一体どんなものでしょう?

SOHO向きの職業とは?

SOHO向きの職業は、意外とたくさんあるのです。

こんな物件がSOHOに適している

あなたの自宅は、本当にSOHOに適していますか?

実はSOHOにも落とし穴はある

SOHOの落とし穴は意外ではない場所に空いています。

Copyright(C) 2011 - 自宅を職場に。SOHOのススメ - All Rights Reserved.